IBUKI のヘルプ

IBUKIいぶき は、 トレイルでつながるコースガイドコミュニティです。 トレイルランニング (トレラン) のコースを共有したり、 走ったレポートを共有したりできます。

IBUKI について

コース

コースは、紹介するひとつらなりの道筋です。 縦走、山頂までの往復、湖畔一周など、 様々なコースがあります。

コースのページでは、 次の情報が表示されます。

地図、標高グラフ、各種データ
コース経路とその路面状態を表示した地図、 標高の変化を表したグラフ、 距離等の情報です。
コメント
コメントを書くことができます。 コースの感想や道路の状況などの情報交換にお使いください。
活動ログ
このコース通過した活動ログです。 このコース通過した人の感想や写真を見ることができます。
ランキング
このコース通過したタイムや回数のランキングです。

コースおよびその路面状態などの情報は、 作成者その他のユーザーが提供したものです。活動時には、 現地の状況や案内、気象情報などを確認し、安全に十分配慮してください。 また、立入禁止の掲示や交通規制などを遵守すると共に、 周辺の住民や権利者に迷惑をかける行為はお控えください。

コースの作成

コースは、 次の手順でどなたでも簡単に作成できます。

  1. 作成したいコースの経路をたどった活動ログを投稿します、
  2. 活動ログの 「通ったコース」欄から、 「新しいコースを作る」を選びます。
  3. コース名タグを設定します。
  4. 経路を設定します。初期状態では元の活動ログと同じ経路になりますが、 「消しゴム」を使って一部を消去できます。 自宅や駅、駐車場などから現地までのアクセス部分や、 途中の寄り道部分などを除去しましょう。
    • 消しゴム」を使えるのは、 作成時だけです。
  5. 「保存する」を選ぶと、 コースが公開されます。

便利に使えるコースとなるよう、 次のような点にご注意ください。

  • 目印となるわかりやすい場所 (交差点、広場、木や看板の前、頂上など) をスタートやゴールとする。
  • 家や駅などからスタートやゴールまでの道程は 「消しゴム」 で削除する。
  • レースで後方からスタートした場合など、 正式なスタート地点に到着する前の部分は 「消しゴム」で削除する。
  • 途中の休憩や寄り道が少ない活動ログを使う。 含まれる場合は「消しゴム」で削除する。
  • 同じ場所を何周・何往復もせず、一周、一往復、 または片道のみとする。
  • 周回コースの場合、どちら向きか、 どこからスタートしたかをコース名に含める。
  • 計測点の乱れや欠落が少ない活動ログを使う。

既にあるコースとよく似た場所を通っていても、 途中の通過地点が違う場合や、 移動方向や周回の向きが逆の場合、 スタート地点やゴール地点がずれている場合は、 新しいコースを作成してください。 (違いがわかりやすいよう、 コース名を工夫してください。)

地形の変化などで既に通行できなくなったコースを作成しても構いませんが、 説明文などにその旨を明記してください。

なお、次のようなコースは、 不適切な利用と判断し非公開に設定する場合があります。 悪質と判断した場合にはアカウントの利用停止などの措置をとることもあります。

コースの編集

コースの編集ページでは、 コースの情報を変更できます。

コース名
コースページなどに表示される名称です。
タグ
コースの地域や形状など、 コースの特徴です。 このコースを見つけやすくなるように、 いくつでも指定できます。
コース概要
コースについて簡単にまとめた文です。 コースページの先頭に表示されます。
説明文
コースの詳細な紹介文です。 見どころや魅力、特徴、走行時の注意点など、 自由にお書きください。
  • 文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。
地図の塗り分け
コースの地図を編集できます。 路面状態を指定できます。 (詳細)
編集権限設定

コースのメンバーを管理できます。 コースのメンバーは、 コースの情報を変更できます。

コースのメンバーには、 グループ管理者と一般のグループメンバーの2種類があります。 グループ管理者は、コースのメンバーを変更したり、 不適切なコメントを非表示に設定したりできます。 初期状態では作成者のみがグループ管理者となっています。

カバー写真
コースを代表する写真です。 一覧ページなどいろいろなところで表示されます。
  • カバー写真は全ての人に公開されます。
  • 著作権、肖像権等を侵害する写真を使わないでください。

コースは、 同じ場所で活動した他の人や、 これから活動する人達で共通して利用するものです。 作成者やメンバーに限らず、誰でもコースを見たり、 活動ログやコメントを投稿したりできます。

コースの説明や地図は、 コースのメンバーのほかに、 コースを通る活動ログを登録した人も編集できます。 自分の活動したコース路面状態が設定されていなかったり、 新たに舗装されたりしていた場合は、 ぜひとも地図を最新の状態に変更してください。

コースの説明や地図の過去の状態は、 「編集履歴」ページで確認できます。


コースは、 作成者に限らず共通して利用するものですので、 削除することはできません。 また、コース経路は、 タイム計測に使用するため後から変更することができません。

ただし、新しいコースの作成直後のみ、 編集ページから経路を変更したり、 コースを削除したりできます。

活動ログ

ランニング、サイクリング、散歩などを活動 (アクティビティー) と呼びます。 IBUKI では、 自分の活動の記録、 活動ログを登録していくことができます。

活動ログは、 移動ログファイルから帰宅後に登録することも、 専用端末を使って活動しながらライブ配信することもできます。

  • IBUKI はトレイルランニングを中心としたサービスですが、 その他の活動も登録できます。
  • 一連の動きであれば、休憩や宿泊などを挟んでいても 1つの活動ログににまとめることができます。

活動ログのページには、 次の情報が表示されます。

地図、標高グラフ、各種データ
活動経路を表示した地図と、 標高の変化を表したグラフ、 距離等の情報です。
通過したコース
活動中に通過したコースと、 通過タイムが表示されます。 通過コースは自動的に抽出されます。
コースランキングに入賞した場合には、 その順位も表示されます。
本文
活動中に撮影した現地の写真や、 その説明や感想などの文章です。
コメント
コメントを書くことができます。 お友達の活動ログに応援の言葉を書いたり、 素晴らしい記録を残した人を賞賛したりしましょう。

活動ログの登録

活動を記録した移動ログファイルがあれば、 活動ログを登録できます。 移動ログファイルは、 GPS などを使った位置測定機能を持った装置で作成できます。 「GPS ロガー」と呼ばれる専用の製品はもちろん、 一般的なスマートフォンやタブレットのアプリでも構いません。 iOS や Android のスマートフォンやタブレットをお使いの方には、 Strava のご利用をおすすめします。

  • 完了してから月日が経過した活動も、 いつでも登録できます。

活動ログは、 次の手順でどなたでも簡単に登録できます。

  1. 各ページに表示されている 作成・開始 メニューから、 活動ログを登録 を選びます。
  2. 移動ログファイルを指定します。
    • GPS ロガーをお使いの場合は、 「GPX ファイル」 形式で出力したものを選んでください。 GPX ファイルに含まれる経路の情報が使われます。 (緯度、経度、標高、日時が含まれる移動ログファイルにのみ対応しています。)
    • Strava をお使いの場合は、 Strava で作成したアクティビティを選んでください。 アクティビティの移動経路と写真が使われます。
    複数のファイルを選ぶと、日時順に連結した 1つの活動ログとなります。
  3. 消しゴム」 を使って経路の不要な部分を消去します。 自宅や勤務先など、プライベートな場所を公開したくないときは、 必ず作成時に消去しておいてください。
  4. 活動名を指定します。
  5. 「作成する」を選ぶと、 活動ログが作成されます。

作成時に表示されるエラーメッセージの意味は次の通りです。

TrackNotFoundError: GPX ファイルに経路が含まれません。
指定されたファイルが GPX ファイルではないか、 移動の履歴を表現した GPX ファイルではありません。 移動の履歴を GPX ファイル形式で保存できるアプリケーションをお使いください。
TrackSegmentPointNotFoundError: 経路に計測点が含まれません。
計測点が0個または1個しかない経路を取り扱うことはできません。
PointWithoutElevationError: 標高が含まれません。
経路上のすべての計測点に標高が含まれない GPX ファイルには対応していません。
PointWithoutTimestampError: 日時が含まれません。
地図表示ソフトウェアで作成した GPX ファイルなど、 経路上のすべての計測点に日時が含まれない GPX ファイルには対応していません。
  • コースの GPX ファイルには、 日時が含まれません。
DisorderedTimestampError: 経路の日時の順序が正しくありません。
経路上のすべての計測点は、 日時が古いものから新しいものへと順に並んでいなければなりません。 地図表示ソフトウェアで結合・編集した GPX ファイルなど、 加工された GPX ファイルでこのエラーが表示されることがあります。
短距離の区間があります。
始点から終点までの計測点が少ない、 または距離が短い部分があります。
この警告が出ていても作成を続けることはできます。
消し残しなど意図しないものなら、 「消しゴムで塗る」を選んでください。
短距離の路面状態区間があります。
連続して同じ路面状態計測点が少ない、 または距離が短い部分があります。
この警告が出ていても編集を続けることはできます。
塗り残しなど意図しないものなら、適切な色で塗ってください。
計測点が密集しています。
計測点が狭い範囲に密集していて、 激しく移動した形跡が見られます。
実際の移動履歴が反映されているとみられる場合には、 この警告は無視しても構いません。
一箇所に留まって休憩している時など、 GPS 計測機器の特性により実際とは異なる計測結果の乱れが出現することがあります。 乱れた計測結果が含まれると距離の計算などに影響することがあります。 その場合は「消しゴムで塗る」を選んでください。

正しいファイルを指定しているのにエラーが表示されて読み込めない場合、 未対応の形式の可能性があります。 「問題を報告」すると、 IBUKI の開発担当者にファイルが送られ、 改善のための調査に活用いたします。ぜひご協力ください。

  • お送りいただいたファイルへの対応をお約束するものではありません。

活動ログの編集

活動ログの編集ページでは、 活動ログの情報を設定できます。

活動名
活動ログページや一覧などに表示される名称です。 「〇月〇日〇〇一周」、「〇〇さんと〇〇山」、 「〇〇レース」などわかりやすい名称を設定しましょう。
UTC との時差
UTC との時差です。 活動開始時に使っていた時間 (現地時間) に表示を合わせるためにお使いください。 例えば、日本の中央標準時は +09:00 です。
本文中に写真を追加した際に、 写真中の時刻に時差情報が含まれていない場合、 ここで設定した時差が使われます。
  • 活動の途中で時差を調整したケースには対応していません。
本文
活動中に撮影した現地の写真に、 その説明や感想などの文章を書き添えて表示することができます。
  • 文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。
  • 写真は、 JPEG (JFIF) 形式または PNG 形式で保存されているものを指定できます。 画像データに日時や位置情報が含まれている場合には、 地図表示などに使います。 iOS (iPhone や iPad) では、 カメラで撮影した写真が異なる画像形式で保存されていることがあります。 「設定」→「カメラ」→「フォーマット」で 「互換性優先」を選んでください。
  • 写真は、この活動ログの他、 活動ログ通過したコースにも表示されることがあります。 写真の追加や削除が反映されるまで時間がかかる場合があります。
削除
活動ログを一覧から削除します。 ランキングの集計からも除外されます。 削除された位置情報は、 復元できませんので、 ご注意ください。
  • 反映されるまで時間がかかる場合があります。
  • 登録された活動ログのデータは、 統計的な処理のため用いられている場合があります。 (例えば、経路情報をコース情報の補正のため利用することがあります。) 既にそうした形で利用されたデータは、 活動ログを削除しても除去できない場合があります。 予めご了承ください。
  • ライブ配信中は、 削除できません。 ■ LIVE終了 してから削除してください。

イベント

イベントは、 決められた経路を通る大会 (レース) などです。 コースと違って開催日時が決まっています。

イベントのページでは、 次の情報が表示されます。

地図、標高グラフ、各種データ
イベント経路とその路面状態を表示した地図、 標高の変化を表したグラフ、 距離等の情報です。
コメント
コメントを書くことができます。 情報交換や感想などにお使いください。
結果速報
計測・速報機能が有効な場合、 イベントの結果が表示されます (詳細)。

イベントおよびその路面状態などの情報は、 作成者その他のユーザーが提供したものです。 活動時には、 現地の状況や案内、気象情報などを確認し、安全に十分配慮してください。 また、立入禁止の掲示や交通規制などを遵守すると共に、 周辺の住民や権利者に迷惑をかける行為はお控えください。


ライブ配信の予定経路を事前に登録するには、 イベントを作成してください。 イベントを作成するには、 まず各ページに表示されている 作成・開始 メニューから、 イベントを作成 を選びます。

主催者以外が大会等のイベントを作成する場合は、 説明文にその旨を明記してください。

イベントの編集

イベントの編集ページでは、 イベントの情報や設定を変更できます。

イベント名
イベントページなどに表示される名称です。
開始日時
終了日時
開始日時を自動設定する
イベントの開始と終了の日時です。 予定や見込みの時刻でかまいません。
スタッフ集合時刻、選手集合時刻、 スタート時刻など複数の時刻がある場合、 イベントページなどに表示するのに最適と思われるものを選び、 詳細は説明文などに記載してください。
グループモードでは、 開始日時は「開始日時を自動設定する」を選ぶとライブ配信と連動して自動設定されます。
グループモードでは、 終了日時は設定に関わらずライブ配信と連動して自動設定されます。
計測・速報機能を利用する場合、 計測データを取得する必要がある時間帯が含まれるようにしてください。 予定時刻をオーバーしそうなときは、 必ず予定時刻前に終了日時を変更してください。
完了済み中止
行事がすべて終了したとき、 または実施が取りやめとなったときに選択してください。
中止を選んだ場合、 イベントページにその旨が表示されます。 詳細は説明文などに記載してください。
完了済みのときや中止のとき、 終了日時から30日経過したときは、 地図を編集できなくなります。 計測・速報機能を利用する場合、 新たな計測値が到着しても無視され、 結果表示に関わる情報を再編集できなくなります。 (410 Gone エラーが表示されます。)
計測・速報機能を利用する場合、 完了済みになるまでの間、 表示される値が速報値であることの注意書きが表示されます。 最終的な結果が確定し、必要なら訂正した後、 完了済みに設定してください。
主催
主催者の名称です。空欄にした場合、 イベントを作成したアカウントとなります。
イベント概要
イベントについて簡単にまとめた文です。 イベントページの先頭に表示されます。
Web ページ URL
イベントページなどに表示されるリンクの URL です。公式サイト、SNS アカウントなどがあれば記載してください。
UTC との時差
UTC との時差です。 現地の運営や案内で利用する時間に表示を合わせるためにお使いください。 例えば、日本の中央標準時は +09:00 です。
  • 途中で時差を調整するケースには対応していません。
公開設定
「公開」または「非公開」を選ぶことができます。 準備中でまだ情報を公開できないイベントや間違って作成したイベントは、 「非公開」に設定してください。
終了したイベントを非公開にする必要はありません。 中止になったイベントは公開にしたまま、 イベント概要説明文に中止のお知らせを掲載することをおすすめします。
編集権限設定

イベントのメンバーを管理できます。 イベントのメンバーは、 イベントの情報を変更できます。

イベントのメンバーには、 グループ管理者一般とのグループメンバーの2種類があります。 グループ管理者は、イベントのメンバーを変更したり、 不適切なコメントを非表示に設定したりできます。 初期状態では作成者のみがグループ管理者となっています。

地図の塗り分け
イベントの地図を編集できます。 路面状態を指定できます。 (詳細)
定点

イベント経路上の通過点や端点に定点として名前をつけることができます。 定点イベントの地図に表示されます。

計測・速報機能を利用する場合、 結果速報定点ごとに表示できます。

必ず経路が確定してから定点を設定してください。

定点を追加するには、 地図上方のボタンから「定点」モードに切り替えて、 経路上の適当な位置をクリックしてください。

略称
定点の短い名前です。 地図上に表示されます。 この値はかならず設定してください。
名称
定点の名前です。 定点のページに表示されます。 この値はかならず設定してください。
種別

定点の種別です。 次のいずれかから選んでください。

全体スタート全体ゴール
全体を通じた出発地 (スタート) と到着地 (ゴール、フィニッシュ) です。
ステージ制のレースでは、 最初のステージの出発や最後のステージの到着を全体スタート全体ゴールとしてください。
部分スタート部分ゴール
その他の出発地と到着地です。
ステージ制のレースでは、 経路途中のステージの出発や到着を部分スタート部分ゴールとしてください。
経由点
重要な通過点で、 エイドステーション、チェックポイント、 関門などと呼ばれる場所です。
補助点
その他の通過点です。 エイド以外のスタッフ配置位置などに使うことができます。
補助点は一般公開されるイベントの地図に表示されません。 計測・速報機能を利用する場合、 補助点の結果速報は一般公開されるページに表示されません。 URL を知っている人は閲覧できます。
  • 補助点は、スタッフの便宜のためにお使いいただける機能です。 秘密の地点に使うことは想定していません。
説明文
定点の位置を前後に微調整できます。
説明文
定点の紹介文です。 その場所の説明やアクセス方法、 スタッフからのお知らせなどを記載できます。 必要がない場合は省略できます。
  • 文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ロ\グの URL は、名前や情報に展開されます。
制限時刻、 未到達時出場者マーカーの名称、 未到達時出場者マーカーの操作
計測・速報機能を利用する場合、 結果の計算や表示に使います。
制限時刻は、 ゴールの制限時刻やエイドの関門時刻など、 定点を通過しなければならない最終時刻です。 定点のページに表示されます。
制限時刻までに出場者が到達していない場合、 指定された名称と操作の出場者マーカー出場者に付与されたものとみなします。

同じ位置でも往路と復路、 前ステージのゴールと次ステージのスタートなど、 何度も通過する必要があるときはそれぞれの定点を登録してください。

計測・速報機能を利用する場合、 部分ゴール - 部分スタート間を除き、 (ほぼ)同位置の定点間に必ず別の位置の定点を配置してください。 (ほぼ)同位置の定点が連続すると、 どちらを通過したか判定できなくなります。

説明文
イベントの詳細な紹介文です。 見どころや魅力、特徴、走行時の注意点や参加規約など、 自由にお書きください。
  • 文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。
表彰の設定

イベント表彰種別を管理できます。 表彰種別とは、 出場者の順位を定める部門を指します。 「総合の部」、「男子の部」、「団体 (3名) の部」 など複数の表彰種別を設定できます。

必ず1つは表彰種別を設けてください。

どの出場者がどの部門で表彰される (順位表に掲載される) べきかは出場者の設定から指定できます。 1つの出場者に複数の表彰種別を指定することもできます。

略称
表彰種別の短い名前です。 表示幅が限られる場面で使われます。 この値はかならず設定してください。
名称
表彰種別の名前です。 この値はかならず設定してください。
説明文
表彰種別の説明文です。 参加条件などを自由に記入できます。 結果速報に表示されます。 必要がない場合は省略できます。
  • 文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。
  • 短距離の部と長距離の部のような経路の異なる複数の部門を設定することはできません。 別個のイベントを作成してください。
出場者マーカーの設定

イベント出場者に付与することができる出場者マーカーの種別を設定できます。 出場者マーカーは、棄権 (リタイア) や失格、反則の警告などを表す標識です。 大会規則に基づく判定を結果速報の計算や表示に反映させることができます。

イベントの開始前に、 予め想定される事態に応じた出場者マーカーの種別を準備しておくことをおすすめします。

名称
出場者マーカーの名前です。 この値はかならず設定してください。 結果速報などに表示されます。
操作
出場者マーカー設定後の計測値の取り扱い方法を指定できます。
以後すべての記録は無効
出場者マーカーの時刻以後、 すべての計測値を無視します。 順位判定からは除外します。
以後すべての記録は参考値
出場者マーカーの時刻以後、 すべての計測値を参考値として表示します。 順位判定からは除外します。
以後部分ゴールまでの記録は無効
出場者マーカーの時刻以後、 直近の部分スタートまで (なければすべて) の計測値を無視します。 無視した範囲の順位判定からは除外します。
ステージ制のレースの当該ステージ内のみ失格とするため使うことができます。
以後部分ゴールまでの記録は参考値
出場者マーカーの時刻以後、 直近の部分スタートまで (なければすべて) の計測値を参考値として表示します。 参考値とした範囲の順位判定からは除外します。
ステージ制のレースの当該ステージ内のみ失格とするため使うことができます。
加算時間
経過時間に指定の秒数を加算します。 大会が罰則を定めている場合に使うことができます。

出場者マーカーは、 レース結果データページの出場者欄から、 「追加」ダイアログを開くと追加できます。

出場者マーカーは、 イベントページの結果速報欄の当該出場者欄、 出場者ページ、 定点の当該出場者欄に表示されます。

出場者の設定

イベント出場者を管理できます。 出場者とは、 個人戦なら各選手、 団体戦なら各チームです。

略称
出場者の短い名前です。 出場者のプロフィールとして表示されます。 エントリー番号、ゼッケン番号など、 できるだけ他の出場者と異なる値を選んでください。 この値はかならず設定してください。
名称
出場者の名前です。 出場者のプロフィールとして表示されます。 個人戦なら氏名を、 団体戦ならチーム名を設定してください。 この値はかならず設定してください。
実名・ニックネームの可否などは主催者で定めてください。
所属
出場者の所属です。 出場者のプロフィールとして表示されます。 プロフィール掲載が必要ない場合は省略できます。
性別
出場者の性別です。 出場者のプロフィールとして表示されます。 プロフィール掲載や性別による表彰がない場合は省略できます。
年齢
出場者の年齢です。 出場者のプロフィールとして表示されます。 プロフィール掲載や年齢による表彰がない場合は省略できます。
年齢の数え方や基準日は主催者で定めてください。
説明文
出場者の紹介文です。 自己紹介文、 大会スタッフからの紹介文、 過去入賞歴やチームのメンバー構成など自由に記入できます。 出場者のプロフィールとして表示されます。 プロフィール掲載の必要がない場合は省略できます。
  • 文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。
表彰種別
出場者が対象となる表彰種別です。 該当し得るものをすべて選んでください。
状態
「有効」または「無効」を選択できます。 出場者の登録を抹消したいときは 「無効」としてください。 (当日の出場辞退などで出場者一覧に残しておきたい場合は 「有効」のままとしてください。)

出場者の順序も変更できます。 出場者一覧でこの順序を使います。 (ただし結果表示では結果の順位となります。)

出場者情報の登録に当たっては、 IBUKI に情報を登録することやその内容について当該出場者に事前にご確認ください。 掲載情報にご要望がある出場者の方は、 イベントページのグループ管理者にご連絡ください。 出場者情報に関してトラブルが発生した場合、 IBUKI はその責任を負いかねます。

イベントの説明や地図の過去の状態は、 「編集履歴」ページで確認できます。 ただし「計測と表彰の設定」、 「出場者の設定」、 「装置の設定とデータ」 の各項目は履歴に保存されません。

計測・速報機能

イベントには計測・速報機能があります。 レースのタイム計測システムと連携させ、 結果を速報表示できます。

計測・速報機能の利用をご希望される場合、 予め IBUKI 運営スタッフまでご相談ください。

次の種類のイベントに対応できます。 その他の種類のイベントにも対応できることがありますから、 IBUKI 運営スタッフまでご相談ください。

レースイベント
大人数で同じ経路を走ります。 GPS 端末を使ってリアルタイムで位置情報を取得し、 地図に表示します。 途中の通過点やゴールの通過を検知して、 結果速報を表示します。
挑戦イベント (FKT など)
少人数で経路を走ります。 GPS 端末を使ってリアルタイムで位置情報を取得し、 地図に表示します。

計測・速報機能は次のようなレースでのご利用を想定しています。

  • 特定の開催期間中、 事前に定めた1つの経路を1回のみ通過する。
    • 地理的、時間的に分断されている経路でも可 (ステージ制のレースに対応)。
    • 定点の通過順序が固定されていることが必要。
    • 通過回数が固定であれば往復、周回も可。
  • 出場者数が 1 - 500 程度。
    • 個人戦、団体戦いずれも可。
  • 定点数が 2 - 100 程度。
  • 表彰種別数が 1 - 10 程度。
    • 男子の部と総合の部のように出場者が重複するケースも、 個人の部と団体の部のように出場者がまったく異なるケースも可。

短距離コースと長距離コースのように異なる経路の部門が存在するレースは、 それぞれ別のイベントとしてご利用いただけます。


計測・速報機能は、 計測値、すなわち出場者定点を通過したことを検知した日時の情報を IBUKI が収集し、結果速報として表示するものです。

計測値は手動で入力することもできますが、 自動計測システムを導入し連携させることをご検討ください。

計測ボタン
目視で確認した出場者の通過を Web ブラウザーから登録できます。 使い方は次の通りです。
  1. 予め定点出場者を設定しておきます。
  2. イベントの「装置の設定とデータ」 ページを開きます。
  3. 「計測ボタン」ページを開きます。
  4. 通過をチェックしたい場所ごとに計測ボタンを追加します。
  5. 計測ボタンページを担当者の端末 (スマートフォンやタブレットなど) の Web ブラウザーで開きます。
    • 端末の日時の設定が正しいことをご確認ください。
  6. 大会規定の計測位置に移動し、 その定点に設定します。
  7. 出場者の略称 (ゼッケン番号など) を記入してボタンを押すと、 その瞬間の日時で計測値が追加されます。
    • 出場者の略称は、 ボタンを押した後しばらくは訂正可能です。
    • 略称が空欄の計測値は無視されます。
  8. 電波状態が悪い場合などサーバーへの送信に失敗することもあります。 計測値は送信成功まで端末内で保持されますので、 適当なタイミングで接続が安定する場所に移動してください。 (定期的に自動送信されますが、 略称を空欄のままボタンを押すと確実です。)
その他の計測機器
予め IBUKI 運営スタッフまでご相談ください。
スタート時刻
出場者共通のスタート時刻や、 スタートグループごとのスタート時刻を Web ブラウザーから登録できます。
手動追加
計測装置から取得できなかったときや、 取得した値に問題があるときに、 適切な値を Web ブラウザーから登録できます。 レース結果データページの該当する出場者と定点の欄から、 「追加」ダイアログを開くと追加できます。
  • 各種計測装置と手動追加と合わせて複数の計測値がある場合、 最速 (最古) の計測値が採用されます。最速値が誤りの場合、 無効に設定してください。

結果速報には、 出場者ごとに各定点の通過時刻、順位を表示するページと、 定点ごとに各出場者の通過時刻、順位を表示するページがあります。

ステージ制のレースの場合、 全ステージ通算の結果と当該ステージの部分スタートからの結果の両方が表示されます。

順位と経過時間は、次のように計算されます。

  • 経過時間は、 全体ゴール全体スタートの通過時刻の差となります。 部分ゴールから部分スタートまでの時間は除外されます。 ただし部分ゴールの記録がない場合 (ステージ制のレースの途中ステージで棄権した場合など) には、除外されません。
  • 定点の通過順位は、 スタートからの経過時間が短い順となります。 記録がない場合 (まだ到達していない場合、欠測の場合、棄権による場合など) や参考記録の場合は、順位なしとなります。 (定点到達後に棄権した出場者にも順位が付きます。)
  • イベントページの結果速報欄の順位は、 ゴール側の定点から順に、 定点の通過順位を数えたものとなります。 ただし、既に棄権した出場者には順位が付きません。
  • 同じ定点までの経過時間が等しい出場者の順位は、 同順位となり、表示順序は不定となります。
    • 見かけの通過時刻が同時でも、 計測機器が検知した時刻には多少のずれが生じるのが普通です。 現地スタッフの判定に基づき同着としたいときは、 手動で計測値を訂正する必要があります。
  • 順位なしの出場者も表には掲載されますが、 最下位の次に表示され、順序は不定となります。

経過時間の計算や順位の決定について大会規則でこれ以外の処置が必要な場合は、 事前にご相談ください。

グループのお問い合わせフォーム

イベントの参加者やその他の閲覧者からのお問い合わせを受け取るためのフォームをご用意できます。 この機能を利用するには、 予め IBUKI 運営スタッフまでご相談ください。

受信したお問い合わせは、 イベントのメンバーが閲覧できます。 通知を有効にしているメンバーには、 受信通知が送信されます。

受信したお問い合わせの一覧ページを開くには、 イベント編集ページから 「お問い合わせ」 を選んでください。

お問い合わせフォームは、 イベントページのボタンから開けます。 また、他の Web サイトに埋め込むこともできます。

お問い合わせフォーム設置用の HTML コードは、 お問い合わせの一覧ページの 「お問い合わせフォームの貼り付け」 欄から取得できます。

イベントとプライバシー

イベントには、 出場者情報を登録できます。

イベントには、 計測用の端末を使って出場者の位置の情報を収集し表示できます。

IBUKI GPS 端末対応レースイベントに個人所有端末で参加を申し込んだ場合、 イベント開催期間中、 当該端末から位置の情報を収集し保存します。 IBUKI GPS 端末対応レースイベントに個人所有端末での参加を申し込んだ時点でこれに同意したものとします。 参加辞退または途中棄権により会場を離れ、 位置の情報の収集を望まない場合は、 ただちにイベントの主催者にご連絡ください。

イベントの主催者は、こうした情報を収集して IBUKI に蓄積すること、それが誰でも閲覧できる状態におかれることを、 事前に出場者および関係者に周知し同意を得ておかなければなりません。

地図、標高グラフ、各種データ

コースイベント活動ログのページには、 地図と標高グラフが表示されます。

ライブ配信では、 地図を大きく表示モードが使えます。 地図を大きく表示モードでは、地図を画面全体に拡大して表示できます。

地図や周囲に表示される各種データの意味は、次の通りです。

経路路面状態

活動した道筋やコースとして紹介する道程が地図上の経路として表示されます。

経路の色は、 路面状態を表しています。

舗装路
アスファルト、コンクリートなどで舗装された道路です。
未舗装路
アスファルトなどで舗装されていない道路です。
トレイル
その他の登山道などです。
情報なし
路面状態の情報がありません。

コースの地図で色が塗られていなかったり、 現在の状態と異なっていたりする場合は、 コースを編集して塗り替えてください。 コース活動した人であれば、 色を塗ることができます。

活動ログの地図の色は、 活動ログが経由するコースの情報から自動的に決定されます。

  • 作成時に複数の経路データをつなぎ合わせたり、 元の経路データの一部を「消しゴム」 で消去したりできるため、 経路には分断された部分が含まれる場合があります。
スタート、 ゴール
経路の最初と最後の位置です。
選択位置

地図上やグラフ上でマウスを移動させたり、 クリック・タッチしたりすると、 経路上の特定の位置を選ぶことができます。 位置を選ぶとグラフ上に次の情報が表示されます。

共有」ボタンを使って、選択位置を SNS などで共有することもできます。 (活動ログのみ)

現在地 現在地

お使いの端末の位置を地図上に表示します。

IBUKI による位置情報の取得が許可されていると、 自動的に地図上に位置 が表示されます。

ボタン 現在地 を押すと、現在位置を取得して地図の中央に表示します。

地図、航空写真、国土地理院
地図表示には Google Maps を利用しています。 通常の地図と航空写真のほか、 国土地理院地図も表示できます。 ただし国土地理院地図で拡大表示できるのは日本列島だけです。
現在位置と移動履歴

ライブ配信では、 地図上に最新の現在位置と、これまでの移動履歴が表示されます。

イベントでは、 出場者の一覧が表示されます。 出場者をクリックすると、 地図にその最新の位置が表示されます。 以後新たな位置情報が届くたびに地図表示が更新されます。 もう一度同じ出場者をクリックすると、 移動履歴は非表示となります。 移動履歴は最大5人まで同時に表示できます。

地図上の点をクリックすると、 その地点を通過した日時が表示されます。

表示される位置と日時は、位置情報端末から IBUKI サーバーが受信したものです。 測定の精度によって実際の位置とずれることがあります。 現地の通信状態によっては測定値が届かないこともあります。

再生 一時停止 開始時刻に戻る -1h -10m +10m +1h

ライブ配信では、 位置情報をリアルタイムで表示するだけでなく、 過去の経過を振り返ってタイムシフト再生もできます。

地図を大きく表示モードには、 再生・一時停止ボタン、進む・戻るボタン、 シークバーが表示されます。 現在時刻より前にシークすると、 自動的にタイムシフト再生となります。 現在時刻に追いつくと自動的にリアルタイム表示に戻ります。 再生速度を選ぶこともできます。

距離
出発地点から到着地点までの道なりの距離です。 分断部分は含みません。
計測機器やアプリケーションによって異なる値が表示されることがあります。 IBUKI では、計測時の距離データか、 なければ計測点の座標間距離の合計値 (計測点間距離合計) を表示しています。 参考までに球としての座標間距離の合計値 (計測点間球面距離合計) も表示しています。
舗装路距離、未舗装路距離、トレイル距離 (コースのみ)
舗装路 未舗装路 トレイルの区間の距離です。
トレイル率 (コースのみ)
距離に対する トレイル距離の割合です。
未舗装率 (コースのみ)
距離に対する 未舗装路距離 トレイル距離の和の割合です。
最低標高、最高標高
経路中の最低または最高の位置の標高です。
獲得標高 (累積上昇高度、累積獲得標高、D+ / 累積下降高度、D-)
経路中の上り (D+) または下り (D-) の区間の標高差の総和です。 分断部分の標高差は含みません。
計測機器やアプリケーションによって異なる値が表示されることがあります。 IBUKI では、細かな上り下りの繰り返しを計算から除外しています。
出発時刻到着時刻 (活動ログのみ)
スタートとゴールを通過した時刻です。
タイム (活動ログのみ)
出発時刻から到着時刻までの時間です。 分断の時間も含みます。
平均速度 (活動ログのみ)
距離タイムで割ったものです。
分断数
経路内の分断箇所の数です。
計測点数、計測点間平均距離
計測点間平均タイム (活動ログのみ)
経路を構成する位置情報 (計測点) の数と、隣接計測点間の距離タイムの平均です。 分断部分は含みません。
走行回数、走行人数 (コースのみ)
コース通過した活動ログの延べ登録数と、 そのアカウント数です。
作成日時、最終更新日時
最初に登録・作成した日時と、最後に情報を更新した日時です。 (走行日時とは異なります。)

グラフや各種データの距離は、 メートル法 (m、km) またはヤード・ポンド法 (ft、ml) のいずれかの単位系で表示されます。 単位をクリックすると単位系を切り替えることができます。


経路標高路面状態などの情報は、 作成者その他のユーザーが提供したものです。 活動時には、 現地の状況や案内、気象情報などを確認し、安全に十分配慮してください。 現地で気づいたことがあれば、ぜひコメントで共有してください。


経路などの情報は、 コース活動ログのページのメニューの 「GPX ファイルを保存」を選ぶことで、 GPX ファイルとして保存することができます。 GPX ファイルは、 地図上に経路を表示する他のソフトウェア (Web アプリケーションやスマートフォンアプリなど) で開くことができます。

地図の編集

コース編集では、 地図に表示される路面状態を変更できます。

活動ログコースの作成では、 経路の一部を「消しゴム」で消去したり、 「復活」で消去を取り消したりできます。

ペン
地図上の経路をクリック・タッチすると、 選択中の色に変わります。
地図上で長押ししてからドラッグする (タッチしながらなぞる) と、開始した位置から終了した位置まで、 経路に沿って選択中の色に変わります。
バケツ
地図上の経路をクリックすると、 クリックした部分と同じ色の部分がすべて選択中の色に変わります。

IBUKI GPS 端末

IBUKI GPS 端末を使うと、 GPS 測定した位置情報を携帯電話回線を使ってリアルタイムで IBUKI サーバーへと自動送信できます。

IBUKI のライブ配信は、 IBUKI GPS 端末に対応しています。 端末から受信した位置情報を地図にリアルタイムで表示できます。

IBUKI GPS 端末について

IBUKI GPS 端末でできること

IBUKI GPS 端末をご利用中の方は、 いつでもライブ配信をお使いいただけます。 端末から受信した位置情報を IBUKI の Web サイト上の地図に、 リアルタイムで表示できます。

IBUKI GPS 端末をご利用中の方は、 ご自身の端末を使って IBUKI GPS 端末対応レースイベントに参加できます。

IBUKI GPS 端末の仕様

  • 本端末は日本国内でのみご利用いただけます。
  • 本端末は GPS 測定した位置情報を IBUKI サーバーに送信します。 IBUKI サーバーは端末のアカウントの設定に従い位置情報を保存します。 また、 IBUKI GPS 端末対応レースイベント個人所有端末で参加を申し込んだ場合は、 イベント主催者に位置情報を提供します
  • 本端末は IBUKI 以外のサービスでお使いいただくことができません。
  • 端末、回線およびサーバーの状況により、 GPS の測定や位置情報の送信・保存に失敗することがあります。 技術的制約のため正確な情報を取得・保存できない場合や、 Web サイト上の地図に表示されるまで時間を要する場合があります。 本サービスは位置情報の取得や保存の精度や頻度を保証するものではありません。

IBUKI GPS 端末対応レースイベントに参加する

IBUKI GPS 端末をお持ちの場合、 ご自身の端末を使って IBUKI GPS 端末対応レースイベントに参加できます。 IBUKI GPS 端末対応レースイベントに個人所有端末で参加するには、 端末の装置キーが必要となります。 装置キーは次の手順で調べられます。

  1. アカウント設定から、 装置とサービスのページを開きます。
  2. 「装置の管理」欄にお持ちの IBUKI GPS 端末が表示されています。 「装置キー」の コピー ボタンを押します。

コピーされた装置キーをレースの参加申込時にお使いください。

  • レースイベントIBUKI GPS 端末対応かどうかは、 主催者にご確認ください。
  • 装置キーは秘密の情報ではありませんが、 レースイベント主催者以外にむやみに公開しないことをおすすめします。
  • IBUKI GPS 端末の利用停止、解約の手続き後に開催されるレースイベントではご利用いただけません。 レースイベントの出場資格を失う場合もありますので、ご注意ください。
  • レースイベントへの申込み後に故障等で端末を交換した場合、 速やかに主催者にご連絡ください。事前のご連絡がない場合、 レースイベントの出場資格を失う場合もありますので、ご注意ください。
  • レースイベント開催中、 当該端末の位置の情報は主催者により取得、保存されます。 お申し込みをもってこれに同意されたものとします。

ライブ配信

位置情報を IBUKI サーバーに自動送信する、専用の IBUKI GPS 端末をお持ちの方は、 ライブ配信活動の様子をリアルタイムに配信できます。

地図を大きく表示モードでは、 現在の位置を表示したり、これまでの移動の履歴を再現表示したりできます。

  • ライブ配信活動ログは、 通常の活動ログとは違って、 標高など一部の情報を表示できません。
  • 端末から送信される位置情報は、 測定の精度によって実際の位置とずれることがあります。
  • 現地の通信状態によっては位置情報が届かないこともあります。

ライブ配信のモード

ライブ配信には、大きく分けて3つのモードがあります。

  • ソロモード:自分のログだけを表示する最もかんたんなモードです。
  • グループモード:複数人のログを、同時に表示できるモードです。
  • イベントモード:あらかじめコースを設定することができます。1人でも、複数人でも使えます。
 ログの表示複数人の参加コースの設定
ソロモード  
グループモード 
イベントモード

また、IBUKI GPS 端末に対応したレースイベントに、 ご自身の端末で参加できるレースモードもあります。

IBUKI GPS 端末対応レースイベントに参加するをご覧ください。

ライブ配信の開始

ライブ配信は、 IBUKI GPS 端末をお持ちの場合、 次の手順で開始できます。

  1. IBUKI GPS 端末を手元に用意します。
  2. ライブ配信ページを開きます。

    ソロモードの場合や、 グループモードを新しく始めたい場合は、 各ページに表示されている 作成・開始 メニューから、 ライブ配信を開始 を選びます。

    グループモードを同行者が既に始めている場合は、 イベントページの「みんなの活動ログ」欄から参加を選びます。

    レースモードを使う場合は、 レース主催者から通知された URL を Web ブラウザーで開きます。

  3. 記録したいLIVEの種類を選びます。
    • 1人での活動ならソロモードを選んでください。「共有」ボタンや QR コードが表示されるので、他の人にライブ配信を紹介できます。
    • 複数人での活動ならグループモードを選んでください。イベントページが作成されますので、「共有」ボタンや QR コードから同行者に提示してください。同行者はイベントページからこのLIVEに参加できます。
    • 計画済みのイベントで開始するときは、該当するイベントを選択します。
  4. ▶︎ LIVE開始ボタンを押します。新しい活動ログが作成され、現在位置の記録が開始されます。
  • 使用する端末を選部には画面左下の「設定」から選んでください。
  • ライブ配信イベントは、 どなたでも閲覧できる状態になります。 自宅や職場の近くでの利用にはご注意ください。 自分の現在地を知られたくないときは、使用しないでください。
  • イベント地図には、 イベントの開始時刻より後の移動履歴が表示され、 それ以前の履歴は表示されません。
  • レースモードを使う場合は、 レースイベント主催者からの案内や現地スタッフの指示に従って操作してください。

コースを用意せずにすぐ走る場合

個人でLIVEを行う際は、ライブ配信ページから「ソロモード」を選び、LIVEを開始してください。

複数人でLIVEを行う際は、ライブ配信ページから「グループモード」を選び、LIVEを開始してください。イベントページが作成されますので、「共有」ボタンや QR コードから同行者にイベントページを提示してください。同行者は、イベントページ下部の「ライブ配信で参加する」ボタンからLIVEを開始することで、LIVEに参加することができます。

あらかじめ作成したコース上を走る場合

あらかじめ作成したコース上を走る際は、「+作成・開始」ボタンから「+イベントを作成」を選び、コースを登録してください。

イベントを作成したら、イベントページの下部の「ライブ配信で参加する」ボタンからLIVEを開始してください。ライブ配信ページから直接選択することも可能です。

イベントには、他のIBUKIユーザーも参加できます。

イベントページの公開範囲について
  • 「公開」状態のイベントページは、リンクを知っている人なら誰でも見ることができます。
  • 「非公開」にすると、自分だけが見ることができます。
  • イベントページを家族や友人に共有する場合は、イベントを「公開」状態にし、共有したい人にリンクを送信して下さい。
  • イベントに「トレイルラン」や「FKT」、「レース」などのタグを付けると、IBUKIのトップページに表示されます。
  • 外部の人に広く公開して構わない場合は、適切なタグを付けて見てもらいましょう。
  • 外部の人に公開したくない場合は、タグを外してください。
イベントの開始時刻・終了時刻について
  • イベントの開始時刻・終了時刻を設定すると、その期間中のログだけが表示されます。
  • 「開始日時・終了日時を自動設定する」を有効にすると、最初にライブ配信を開始した時刻が開始時刻に自動的に設定されます。また、イベント作成者がライブ配信を終了すると、自動的に終了時刻が設定されます。
イベントページからライブ配信できない場合は?
  • スマートフォンで、メッセンジャーやメールからリンクを開いた場合、うまくイベントページが表示されなかったり、ライブ配信に参加できない場合があります。
  • このような場合は、リンクをコピーし、SafariやChromeアプリを開き、リンクのページにアクセスしてみてください。

ライブ配信の終了

ライブ配信は、 次の手順で終了できます。

  1. 各ページに表示されている 作成・開始 メニューから、 ライブ配信を開始 を選んで、 ライブ配信ページを開きます。
  2. ■ LIVE終了 ボタンを押します。

コースランキング

コースには、 通過時間ランキングと走行回数ランキングがあります。 活動ログ登録すると、 通過したコースが自動的に抽出され、 ランキングが更新されます。

タイムランキングは、 各活動ログのうち、 コース部分のタイムを比較したものです。 コースに入るまでやコースから出た後のタイムは含まれません。 寄り道など、いったんコースから外れているものも含まれますが、 コース外も含めたタイムで比較しています。

走行回数ランキングは、 コースを通過する活動ログの個数を比較したものです。 1つの活動ログで何度もコースを通過している場合には、 全ての通過が加算されます。


順位は随時更新されますが、表示に反映されるまで少々時間がかかる場合もあります。

同順位があまりにも多い場合には、表示を省略することがあります。

最近の上位入賞記録は個人ページの「最近のトロフィー」 欄にも掲載されます。


コース通過した活動ログはすべて自動的にランキングの算出対象となりますが、 ランニング想定のコースを自転車で通過した場合など、 ふさわしくないものもあります。 活動ログの投稿者やコースのグループ管理者は、 コースの活動ログの一覧のメニューの「このコースでの表示状態の変更」から、 活動ログを非表示に設定できます。 この設定は当該コースにのみ適用されます。

なお、ランキングの入賞などの目的で虚偽の情報が投稿された場合、 ランキングから除外したり、情報自体を削除したりすることがあります。 悪質と判断した場合にはアカウントの利用停止などの措置をとることもあります。

ランキング作成のための情報の取り扱いについては、 プライバシーについてもご参照ください。

コメント

コース活動ログには、 コメントを書くことができます。 コメントは、 走った人との交流や情報交換に使うことができます。

コメントを書くには、 アカウント登録が必要です。

コースグループ管理者活動ログの投稿者には、 新しいコメントが投稿されたとき通知が送信されます。 加えて、今までそのコメント欄に投稿した人達にも通知が送信されます。 通知が不要な場合は、 受信しない設定もできます。

その場にふさわしくないコメントが投稿されているのを見つけたら、 コメントのメニューから通報できます。 サービス運営の担当者が確認し、対処させていただきます。 コースグループ管理者活動ログの投稿者は、 コメントのメニューから非公開に指定できます。 健全なコミュニティーの維持のため、ご協力をお願いします。

  • コメント本文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。

スター

活動ログコメントには、スター (⭐) をつけることができます。「良かったね」「すごい」「がんばれ」 といったちょっとした気持ちを伝えるためにお使いください。

スターは、 「⭐をつける」 ボタンを押すだけで、いくつでも簡単につけることができます。 メニューから ♥ など他の絵を選ぶこともできます。

活動ログコメントの投稿者には、 スターがつくと通知が送信されます。 (複数のスターがついても、 一度だけ通知されます。) 加えて、スターをつけられた方には、 IBUKI レポートをメールでお送りします。

通知

コメントされたときやスターがつけられたときなどには、 通知を受け取ることができます。

メール

登録されたメールアドレスに、 その都度お送りします。

初期状態では有効になっていますが、 アカウント設定から無効にできます。 送信先のメールアドレスアカウント設定から指定できます。

デスクトップ通知/スマートフォン通知 (プッシュ通知)

お使いの端末に、その都度お知らせします。

初期状態では有効になっていますが、 アカウント設定から端末ごとに受信設定が必要です。

Windows 版 Chrome、Firefox、Edge
Windows のアクション センターに表示されます。
Android 版 Chrome、Firefox
Android の通知欄に表示されます。
その他の Web ブラウザー
お使いの Web ブラウザーのヘルプでご確認ください。 Web ブラウザーによっては通知に対応していないこともあります。

新しいスマートフォンに機種変更したときなど、 不要になった受信設定はアカウント設定から削除してください。

  • 同じ Web ブラウザーで複数のアカウントを使い分けていると、 通知は正しく動作しません。
IBUKI の通知欄

メールやデスクトップ通知/スマートフォン通知でお知らせした内容は、 IBUKI の各ページ右上の「通知 」から表示される通知欄でも確認できます。

個別の通知に加えて、 スターをつけられた方には、 IBUKI レポートをメールでお送りします。 IBUKI レポートには最近つけられたスターのまとめや、 サービスの最近の情報を掲載しています。


コース活動ログのメニューの 「通知設定」から、そのコース活動ログ通知を受け取らないよう設定することもできます。

  • 通知が届くまで、 数分から数時間の遅れが出る場合もあります。
  • 短期間に複数の通知がある場合、 1つにまとめられることがあります。
  • スターの通知をメールで受け取ることはできません。

共有と埋め込み

コースイベント活動ログのメニューから 「共有」を選ぶと、 SNS などに共有できます。

活動ログ地図では、 選択位置も共有できます。

共有画面では、 URL をクリップボードにコピーしたり、 Twitter や Facebook などの SNS に投稿したりできます。

コースイベント活動ログのメニューから 「埋め込み」を選ぶと、 Web ページやブログに貼り付けるための HTML コードが表示されます。この HTML コードを使うと、 IBUKI の該当ページへのリンクと地図を埋め込むことができます。

  • 共有画面で選択できる共有先は、 お使いの端末・環境によって異なります。 詳しくはお使いの Web ブラウザーのマニュアルをご確認ください。
  • 非公開に設定されたコースイベント活動ログを誤って共有したり埋め込んだりしないよう、 ご注意ください。正しく表示されないことがあります。
  • ブログサービスによっては、 URL を貼り付けるだけで自動的に埋め込めるものもあります。
  • HTML コードの利用方法は、ブログサービスによって異なります。 詳しくはブログサービスのマニュアルをご確認ください。

アカウントとプライバシー

活動ログを登録したり、 コメントを書いたりするためには、 アカウント登録が必要です。 アカウントの登録は無料です。

アカウント登録 (ログイン)

新たにアカウントを登録したり、 登録済みのアカウントを利用したりするには、 各ページのメニューの 「ログイン・登録」 ボタンを押してください。

アカウントの登録には、 Google または Facebook のアカウントが必要となります。 どちらのサービスのアカウントを使っても、 IBUKI で利用できる機能は同じです。 (アカウントを登録しても、 IBUKI が無断で Google や Facebook に投稿することはありません。)

  • IBUKI はユーザーアカウントの識別のためにクッキーを使用します。
  • Facebook や Google のアカウントを使って IBUKI を利用する場合、 アカウントの情報が自分のページなどに表示されます。

アカウント設定

アカウント設定」 ページでは、 アカウントプロフィールや設定を変更できます。 「アカウント設定」 ページは、各ページ上部のメニューから開けます。

アカウント設定には、 次の項目があります。

プロフィール
アカウントの表示に使う名前や自己紹介などのプロフィールを変更できます。
写真
アカウントの表示に使う写真を変更できます。
装置とサービス
ライブ配信に使う端末を管理できます。
活動ログ登録に使う Strava アカウントを登録できます。
アカウントプロフィールに表示する Web サービスを設定できます。
通知
通知の受信方法を設定できます。

プロフィール

アカウントには、 名前や自己紹介などのプロフィールを登録できます。 初期登録後も、 アカウント設定でいつでも変更できます。 名前以外のプロフィール項目は省略できます。

IBUKI は、 プロフィールを次のように利用します。

名前
本名でもニックネームでも構いません。必ず記入してください。
活動ログ、 コメントなどいろいろな場所で表示されます。
性別
コースの男女別ランキングの算出に使います。 記入しないと性別ランキングから除外されます。
自己紹介
自身についての説明、主な活動地域や過去の走行実績、 意気込み、ブログや SNS の情報などを書くことができます。
自分のページなどに表示されます。
写真
自身の写真や自画像を設定できます。
名前と共にいろいろな場所に表示されます。
Strava アカウント

StravaStravaについて

Stravaアプリを使うと、走った距離や時間を計測することができます。 IBUKIに活動ログを登録するには、Stravaと連携するのが便利です。

Strava アカウントを IBUKI に登録すると、 IBUKI の自分のページなどから Strava のアカウントのページにリンクします。
Strava のアクティビティから活動ログを作成したときは、 IBUKI の活動ログから Strava のアクティビティにリンクします。
Web サイト (ブログなど)
リンクが自分のページなどに表示されます。
Twitter アカウント
リンクが自分のページなどに表示されます。

これらの情報は、誰でも見ることができます。 公表したくない情報は記入しないでください。

  • 性別を変更しても、変更以前のランキングデータは原則として更新されません。
  • 自己紹介文中の URL は、自動的にリンクとなります。 コース活動ログの URL は、名前や情報に展開されます。
  • 著作権、肖像権等を侵害する写真を使わないでください。
  • IBUKI が自動的に Strava や Twitter に投稿したり、 Strava のアクティビティを編集したりすることはありません。

その他プライバシーについて

メールアドレスは、 通知の送信に使用します。 他の人には公開されません。 メールアドレスは、 アカウント設定ページでいつでも変更、 削除できます。


活動ログは、誰でも見られる状態になります。 自宅や勤務先など、プライベートな場所が経路上に含まれていないか、 作成の前に確認してください。 地図上で「消しゴム」 を使って経路の一部を消去できます。 作成した活動ログ経路情報を後から編集することはできません。

活動ログの作成では、緯度、経度、標高、 日時といったデータを GPX ファイルや画像ファイルなど指定された情報源から取得し、 保存します。 機器によっては他に体温や心拍数なども記録していることがありますが、 活動ログには保存されません。

活動ログは、 その編集ページで削除できます。


地図には現在位置を表示できます。 IBUKI による位置情報の取得が許可されていると、 自動的に地図上に位置が表示されます。 取得した位置情報は地図上の表示のみに利用され、 IBUKI サーバーには保存されません。


IBUKI GPS 端末をご利用の場合、 端末購入時に配送と決済のための情報を取得します

IBUKI GPS 端末は、 位置などの情報を IBUKI サーバーへ自動的に送信します。 IBUKI サーバーは、 受信した情報をライブ配信など端末を利用する機能の提供のため利用します。

端末を利用する機能が有効な期間に受信した情報は、 端末が登録されているアカウントに保存されます。 保存されている情報は、 端末ごとの記録一覧で閲覧できます。 また、端末を利用する機能の公開設定に応じて、 第三者に公開されます。

端末を利用する機能が有効でない期間に受信した情報は、 一定期間経過後、自動的に破棄されます。

IBUKI 運営スタッフは、サービスの運営上必要な場合に限り、 IBUKI サーバーに保存された位置などの情報を閲覧することがあります。

IBUKI GPS 端末を使ったイベントに参加する場合、 受信した情報がイベント主催者に提供されます。


イベントの出場者の情報については、 別項をご参照ください

IBUKI サーバーは、アクセスしたクライアントの IPアドレスを保存することがあります。 イベントに関する変更操作に際して保存されたIPアドレスは、 トラブル対応や不正利用への対策に必要な場合、 イベントの主催者に提供することがあります。


IBUKI サーバーに保存されているご自身の情報を削除したい場合で、 ご自身の操作で削除できない場合には、 お問い合わせフォームから、 該当する情報を明記の上、ご相談ください。

困ったときは

IBUKI のご利用の上で困ったこと、わからないことがございましたら、 IBUKI 運営スタッフまでお問い合わせください。

お問い合わせ